2014年04月29日

PTA問題の類型(分類、カテゴリー)

PTAという任意団体に関して様々な問題が指摘されています。
では、その「様々な問題」というのはどのような種類・分類・類型・ジャンル・カテゴリーがあるのかについて、問題のカテゴリーごとに分けて考えていくことで、議論が右往左往しないのではないかなぁと思ったので考えてみたいと思います。(この考察は2014(平成26)年春現在です)

例えば、毎日新聞の2014年4月29日記事http://mainichi.jp/shimen/news/m20140421dde012100008000c.htmlの見出しは次のようなものでした。
「PTAは罰ゲームか
 ◇一人一役/全員くじ引き/やらない人はトイレ掃除
 ◇参加強制は「違憲」/「やって良かった」の声も/祖父母巻き込もう」

新聞記事の構成は、読者の興味を引くようにという意図が当然あり、違憲という単語が出たかと思えば、「やって良かった」という個人的な感想が出てきたりします。

何の気なしに読みすごしてしまうことも多いのですが、極端に読み替えてみると非常に違和感があることがわかるのではないかと思います。もし、先の新聞記事の見出し

◇参加強制は「違憲」/「やって良かった」の声も

が次のように変換されたなら、ボクはとんでもない記事だ!と感じます。

◆詐欺は違法/儲かったので「やって良かった」の声も

この変換は極端なことだと感じられる方々もおられるかもしれません。
しかし、PTA問題の「現場」では同様の極論が横行している事実も感じています。
PTA問題を論じる場合には、幾つかのカテゴリーに分けて考えることも必要なのではないかと思います。

では、どのようなカテゴリーに分けたらいいでしょうか。ご意見を募集したいと思います。筆者から、たたき台を書きます。

カテゴリー(1)違憲、違法、不法行為などの法令違反
 ・憲法第21条結社の自由を侵す強制加入
 ・消費者契約法 : 入会契約は正しく結ばれてるの?
 ・個人情報保護法 : 違法PTAの会員名簿はどうやって作ってるの
 ・人権学習はPTA活動の基本。人権が守られてるの?

カテゴリー(2)団体の内規や慣習などへの違和感、不思議、理不尽、おかしい
 ・一子一役、一人一役、ポイント制
 ・くじびき、じゃんけん、他薦
 ・役員や活動の「免除」には団体側からの条件が個人の意思より優先?
 ・公共施設を無償で使用、(引き落とし制度への無料便乗)
 ・非加入者(退会者)へ文書等の不配布

カテゴリー(3)対人関係や感情論。役員や会員から「あぁ言われた、こう言われた」
 ・説明責任の欠如。説明不足。「聞いてないよぉ」
 ・非加入(退会)者の子どもは、○○できませんよ。
 ・いわゆる問題発言!は枚挙にいとまがないと思います(^^;

カテゴリー(4)活動内容への疑問。そんな活動必要?
 ・PとTが自己を高めるための活動が基本だが・・・
 ・人権学習はPTAの基本だそうが、保護者の人権は・・・?
 ・スポーツ行事は嗜好性が強いと思うが、玉拾いも保護者同士の交流か?

カテゴリー(5)会費の使徒への疑問。そんなことにそんなに(金)使うの?
 ・連合や会への負担金(分担金・上納金)は必要か?
 ・あの飲食費が必要か?それって子どものため?
 ・繰越金とか積立金って、多くない?
 ・会計報告って1円単位まで領収書を公開できるでしょ。
 ・会計監査って素人の内部監査で大丈夫?

PTA問題の個別事例は各カテゴリーが有機的につながっていることも多いので、一概には分類出来ないこともあると思います。

また、それぞれのカテゴリー則した改善案があるとも思いますが、改善案を考える場合にカテゴリーを大幅に逸脱すると議論が深まらないことを危惧しています。

PTA問題の根幹はカテゴリー(1)の不法行為にあると思いますが、それに対して「やって良かった」という人もいてるという言葉を対比させようとしても意味がないと思われます。

PTA問題に関する報道が多くなっていることは良い傾向だと思います。筆者がPTAに関心を持ち始めた2008年から比べるとPTAに関するブログなどが多くなってきていると感じています。その多くはPTAの問題や疑問について記述していることが多いようです。

新聞やブログなどの記事を読む場合に、カテゴリー分けを念頭に置いておくとより深く読み進めるのではないかと思います。

posted by 6782発起人A at 03:45| Comment(0) | TrackBack(0) | PTAについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。