2014年03月04日

文科省に確認電話をしました

ちょっこっと記事です(^^;

過日、文科省(社会教育課)に電話して聞いてみました。以下は要約です。

A:「PTAは任意団体ですよね。PTAの設立に関して何か根拠法とか条例とかありますか?」
文:「ありません。」
A:「NPO法人であれば特定非営利活動促進法がありますが」
文:「えぇ、内閣府の・・・」

A:「具体的に考えているのは、第二PTAなんですが、根拠法も条例もないなら、誰でも任意に設立できるということになしますね。」
文:「そういうことになります。」

ってな感じでした。一言一句は録音してませんが、そういうことです。
PTAは根拠法も条令も政令も通達もなく、設立できるんですね。

ということは、N-PTAは「宣言したら会員だ!」なんていうお遊びみたいなことをしていますが、根本的にはPTAと変わらないわけです(^^)/

会則の条文が多いとか少ないとか、会員が多いとか少ないとかだけの違いしかありません。
五十歩百歩というか目糞鼻糞を笑うの世界ですね(^^;

もちろん、そこで何をするかで変わってくると思います。
・会員と非会員を差別して、大人のいじめをする団体とするのか、
・子どものためにと思って、紅白饅頭を配って満足するのか
・保護者の自己啓発や交流のためと称して、一部の保護者だけでソフトボールやバレーボールや宴会などをするのか

根拠法令(規制する法令等)がないのでPTAってのは、やはり、基本は自由なんだと思いました。
PTAかくあるべし!という論説があることは想像できますが、それらは全て根拠法がないということです。
あるとすれば、言論の自由となるのでしょうね(^^)


posted by 6782発起人A at 01:13| Comment(0) | TrackBack(0) | N-PTAガイドライン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。