2014年04月22日

PTA退会届(非加入届)を受け取った場合の役員の対応はどうあるべきか

Q:PTA退会届やPTA非加入届を受け取った場合の役員の対応はどうあるべきか
A:速やかに受理し、退会または非加入の手続きをするのが正解。

解説や注意事項:
1)PTAは任意加入=入退会は個人の自由意思に基づいて決める団体です。
2)従って、個人の退会意思が通達された時点で、入会契約は解除されます。
3)PTAが退会や非加入を「認めない」とか「受理できない」と主張することには法的根拠がないばかりか、逆に、個人の人権を侵害する不法行為となります。
4)退会や非加入は認めるが、そのような場合は、「PTA会員でない保護者の子どもは、●●ができません、○○を受け取れません、▲▲には入れません」などと発言・通知などをすることは、言われた親はどのように受け止めるかというと、世間一般でいうところの「脅迫」です。子どものために活動する社会教育関係団体の発言としては不適切、不穏当だと思います。
(そんな団体に入りたいと思わないでしょう。また、そんな団体の会員であること自体を恥だと思う人もいると思います。)

◆入退会を決めるのは日本の法律に基づく個人の権利であって、退会届(非加入届)を受け取ったPTA役員が出来ることは受理することしかありません。
◆その次に役員ができることは、配布文書を始め、全児童生徒対象を事業をさせて頂くのでよろしくとお願いすることでしょう。PTAは全児童生徒を対象にした活動をする団体ですので、保護者が非会員だからという理由で、その子どもに文書を配布しないとか、その子どもがPTAの事業に参加できないとか、子どもを差別するようなことは決してするべきではありません。


posted by 6782発起人A at 00:17| Comment(4) | TrackBack(0) | PTAについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。