2014年01月30日

N-PTAガイドライン(義勇兵案)その2(一部修正)

N-PTAガイドラインを考えてみました。
(義勇兵案)その2


つづき

7、個人情報の取り扱い

地域本部を設立、活動するにあたり、ハンドルネームで支障がある場合や、会員どうしの同意の上で個人情報の開示、取得を行うについては自己責任で行うこと。個人情報の管理についてはN-PTAWeb本部は関知せず、トラブル等について責任を負わない。

また、会員や会員の子供の個人情報取得については会員自ら行うこと。学校に対して個人情報の提供を求めてはいけない。ただし、個人情報取得の為に学校に案内文書配布の協力を依頼することは構わない。

8、活動対象児童について
N-PTAの地域本部が学校内外で活動を行う場合の、対象児童となる子供はN-PTA非会員である。

そして、対象児童の子供の保護者がN-PTAや他のPTA活動を行う団体の会員、非会員であることに関わらず対象児童とすること。(いかなる対象児童への区別、差別的取り扱いは認めない。)

9、要望、苦情への対応

要望や苦情に対しては、地域本部会員で相談して対応にあたること。また法的手続きを行う時は、N-PTAWeb本部に連絡をすること。

必要に応じ、苦情解決責任者、苦情受付責任者、第三者委員の設置を行ってもよいこととする。また解決に向けた手順の整理等、迅速かつ適切に解決が図られる仕組みを構築する等も、妨げない。

9、学校や保護者、他の団体との連携

PTA活動は学校に通うすべての児童を対象にしたボランティア活動なので、学校や賛同する他の団体(地域や既存の自校PTAなど)等との連携を可能な範囲で図ること。

以上

項目追加、修正、アドバイス、別の案について、よろしくお願いします。あくまでも学校に通う児童と保護者を対象としたボランティア団体であり、学校や他の団体と協力、連携してより良いものを目指しましょう。
posted by 6782発起人A at 18:01| Comment(9) | TrackBack(0) | N-PTAガイドライン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

N-PTAガイドライン(義勇兵案)その1(一部修正)

N-PTAガイドライン(義勇兵案)その1

とりあえず(案)を作成します。アドバイス等よろしくお願いします。他に良いガイドライン案がありましたらよろしくお願いします。
「本ガイドラインは、

社会教育審議会報告「父母と先生のあり方について」(昭和42年)に書かれているように「父母と先生の会(PTA)は、児童・生徒の健全な成長をはかることを目的とし、親と教師とが協力して、学校及び家庭における教育に関し、理解を深め、その教育の振興に努め、さらに、児童・生徒の校外における生活の指導、地域における教育環境の改善、充実をはかるため、会員相互の学習、その他必要な活動を行う団体である。」
を社会教育法、消費者契約法、その他人権等のPTAに関わる法令を遵守しながら活動を行い、Web本部と連携しながら、各都道府県、市町村、学校単位での活動を希望する保護者や教職員の為に、基本的事項を示し、望ましい方向を目指したものである。

N-PTAの活動目的である、PTAが任意加入であり入退会自由であることの周知、また後世にPTA問題を残さないことを実現し、子供たちと保護者の人権や未来を守るために策定するものである。

1、活動場所

活動場所はWeb本部を基本に、可能であれば地域本部をWeb上にブログ、ホームページ、掲示板等を中心とすること。なお学校内外の活動を妨げるものではない。

2、活動する際の注意点(Web上での活動のみの場合は除く)

もし学校内外で活動する場合は、冒頭の内容を理解し守り、法令遵守で活動すること。特に消費者契約法に従い、重要事項の説明、及び入退会が自由であることの説明と周知は必ず行うこと。

また学校や教育委員会等必要な手続きや、連絡、相談等について、法令に定めのあるものについては法令遵守をし、ないものについては社会通念上の理解や会員との話し合いを行った上で、活動を行うこと。活動を始める際はN-PTAWeb本部に活動内容および、代表者、会則を連絡すること。

さらに、学校、地域、ボランティア団体、および既存のPTA活動を行う団体と、協力連携してよりよい活動となることを目指すこと。
3、代表者

Web上ではなく、学校内外で活動を行う場合、学校許可等に、代表者や責任者が必要となることがある。その場合は地域本部内の会員どうしで話し合い、原則立候補にて代表者、責任者を定めること。代表者には「善良なる管理者としての注意義務」が発生「任意団体(権利能力なき社団)の場合」することを理解すること。
もし代表者、責任者の立候補がない場合は活動を控えること。

4、会則

会則についてはWeb本部の会則をそのまま使用するだけでなく、地域性や学校内外の実情に合わせ、修正、改善を行い制定すること。またN-PTAWeb本部に会則を連絡すること。


5、安全対策、保険等

事業や活動するにあたり、適切なリスク、安全対策を実施し、必要性に応じ、保険をかけること。事故やトラブルについては各地域本部の中で解決するものであり、責任者、代表者、会員の責任において対応すること。

6、入退会届、 入退会自由、会費無料について

本会は入退会自由であり、会費無料を原則とするが、必要に応じ、地域本部の会員の話し合いの上、会費の徴収を認めることとする。
ただし会費を徴収する場合は、入退会届を整備し、書面にて意思確認を行うこと。また入退会の際は理由を問わないこと。

また会費を徴収する際は会計を必ず決め、会計については一円単位まで会計報告を会員に行い、会計以外の会員が監査を行うこと。また領収書等についても必ず提出を求め、一般的会計原則に従うこと。


つづく
posted by 6782発起人A at 15:50| Comment(1) | TrackBack(0) | N-PTAガイドライン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

N-PTAネチケット (義勇兵案)

試しにネチケットの案を考えてみました。


N-PTA ネチケット(義勇兵案)

ネチケットとはネットワークエチケットの略です。ネチケットについては検索すれば、多くの約束(利用規約、法令、コンピューターウィルス、トラックバック、スパム等)についてありますが、N-PTAでは最低限のことを決めておき、後は会員で見直していきたいと思います。

1、まず初めての時、名前を名乗り(ハンドルネームでよい)挨拶をしましょう。お互い「さん」で呼びあいましょう。

2、著作権、商標、肖像権、人権、弁護士法他、法令遵守でのコメント、活動をお願いします。

3、過剰な絵文字、機種依存文字、フォント、等文字化けを起こしたり、ブラウザに表示されない可能性のある文字は使わないようにしましょう。

4、建設的意見を心がけ、根拠のない批判や中傷をしないようにしましょう。

5、ニュースページ等、いづれリンクが切れるページへのリンクに気をつけましょう。

6、個人情報、プライバシーについての扱いに気をつけましょう。

7、ブログ内の言動、N-PTAの名前を使っての活動等については法令遵守でお願いします。もちろん自己責任でお願いします。

8、ネットやブログに慣れていない方は、(慣れている方も忘れないように)「電子ネットワーク協議会作成」の『インターネットを利用する方のためのルール&マナー集http://www.iajapan.org/rule/rule4general/main.html#1.1』も、チェックしていただくと、このサイト外でも役に立つと思います。(追加修正)

以上です。

また、アドバイスがありましたらコメントをお願いします。
posted by 6782発起人A at 08:51| Comment(2) | TrackBack(0) | ブログ内のエチケット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

会則の検討-その2-及び会員登録、目的にも関係する提案

前記事「会則の検討-その1-」から若干の修正を加えてみました。同時に、重要事項説明や会員登録関係も考えてみました。

(名称)
第1条 この会は、N-PTAと称します。
(Web本部)
第2条 この会のWeb本部をhttp://npta2014.seesaa.net/に置きます。
(目的)
第3条 この会は会員相互が研鑽をはかり、その成果を家庭、学校、地域を通じて、全ての子どもたちの健全な育成に還元することを目的とします。
(事業)
第4条 この会は前条の目的を達成するために以下の事業を行います。
 (1)PTAは入退会自由であることを周知する事業
 (2)児童・生徒は全てPTA非会員であって、区別も差別もしてはならないことを周知する事業
 (3)違法PTAを次世代に残さない/残したくないための、情報発信や啓発に関するの事業
(会員および入退会)
第5条 この会の会員は、会の目的と事業に賛同したものが会員となることができます。
 (2)この会は入退会自由です。
 (3)入退会に関する重要事項説明等は別途提示します。
(役員と運営) 
第6条  この会には役員をおくことができることとします。
 (2)役員の選出方法は立候補とし、立候補がない場合は不在とします。
 (3)役員の任期は希望期間(最長1年)とし、再任を妨げません。
 (4)運営は会員相互が相談しながら行います。
(会費)
第7条 この会の会員に会費はありません。
(事業年度および会計年度)
第8条 この会の事業年度および会計年度は毎年4月1日に始まり、翌年3月31日に終わります。
(会則の変更等)
第9条 本会則の変更は、会員が話し合って決めます。
 その他、本会則で規定されていないことは、会員が話し合って決めます。

付則1 本会則は承認後ただちに施行されます。
付則2 この会の会計報告が必要になった場合は、特定非営利活動法人会計基準に準じて行います。また、領収書等は可能な限り1円単位まで公開します。

(施行年月日を記載します)
(改正年月日を記載します)

−*−*−*−*−*−*−*−*−*−*−

◆会則第5条に基づく重要事項説明(2014(平成26)年1月28日)

・N-PTA Web本部は、入退会自由、年会費無料、役職や役割や活動は全て希望性で行います。
・会員は、成人(または保護者)であれば資格を有します。(免許証等の個人情報を確認するつもりはありません。なぜなら、本会が他人様の個人情報を正しく管理できるという保障が何もないからです(^^; )
・N-PTA Web本部 の活動は、PTAが任意加入=入退会自由な任意団体であることを周知すること、児童・生徒は全て非会員(であって、区別も差別もしてはいけないこと)を周知すること、違法PTAを次世代に残さない/残したくないための、情報発信や啓発活動を行います。
・趣旨や活動内容に賛同し、会員となるには、会員宣言をしていただくだけでOKです。宣言場所は問いません(^^) (勝手連的なイメージです)。この場合、将来、本会で議決することが必要になった場合の議決権は付与されません。また、会員番号は付与されません。
・本会の運営にご参画いただける会員となるには、会員登録が必要となります。会員登録をしていただくと、議決権が付与されます。
・今後、この会がどのようになるかも、全くの未知数です。
・本会は、全て自己責任でお願いします。
・会員となったからといって、何か仕事が割り振られるわけではありません。何か責任が生じるわけでもないと思います。ご希望の範囲で何か手伝っていただけたり、ご意見を頂けたり、応援コメントをいただたいたり、見守ってくださったりでも嬉しいです(^^)
以上、掲載日時時点での重要事項説明とさせていただきます。

◆会員登録(任意です。登録するもしないもご自由です。)
・重要事項をご了承くださる方のみ登録会員となっていただけます。
・会員登録は下記欄と重複しない(1001から9999まで)のご希望の4桁の番号とHN(ハンドルネーム)、および公開しても差し支えないURL等をコメント欄にご記入ください。
・公開に支障ある個人情報は記入しないでください。
・同時にコメントをご記入くださっても結構です。応援コメントは大歓迎です(^^)
・退会(登録削除)について。退会を希望される方は、コメント欄に会員番号と退会の旨をご記入ください。抹消します。
(事務手続きの関係上、抹消が遅れる場合がありますが、予めご了承ください)
・会員登録ページはこちらです。(暫定のページの会員番号の部分をコピペして、新たなページを作るってことでどうでしょうか。)

★このようなページを作る理由について
・児童生徒の入学をもって、保護者はPTA会員だとする「強制・自動・全員入会制度」をとっているPTAは、入会前の保護者に対する説明がなされていない場合があります。
・私たちが知る「世間一般の常識」では、任意団体に加入するか否かは、事前の文書説明を含む重要事項説明および会則の提示があってしかるべきです。
・入退会自由、会費無料、活動は限定的となれば、会則は必要ないでしょうし、役員も不要かもしれません。だからといって、説明文を掲載しないでいいということにはならないと考えています。
・どのような団体でも、入会前の重要事項説明はしなくてはなりません。それが消費者保護法等の趣旨でもあると思います。

これぐらいの、会則、会員登録でいかがでしょうか?
ご異存なければ、このなかから、目的や活動内容を抜き出して、掲載するという流れにしてはどうかと思います。諸賢のご意見をお待ちしております(^^)

posted by 6782発起人A at 00:26| Comment(1) | TrackBack(0) | 定款・規約・会則等 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月28日

活動目的、目標を考える。 活動目的について

活動目的については、最重要課題である

1.PTAが入退会が自由であることを周知する。

2.後生にPTA問題を残さない。

があります。また目標について三年計画くらいの中期的目標と、一年間単位の目標があると活動しやすいのではいかとおもいます。

まずは、N-PTAを多くの方々に知ってもらう一年になりそうですね。
posted by 6782発起人A at 21:57| Comment(2) | TrackBack(0) | 活動目的 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

会員勧誘活動について

今後の活動として、ガイドラインと会則の整備を進めながら、目的や目標を考えていきたいと思います。
また最重要目的、目標である、後世にPTA問題を残さないを実現する為の案として

1.会員勧誘活動(ブログ等での広報や賛同する方のブログでの紹介、ブログランキング登録、マスコミへの投稿)

2.情報発信

3.情報交換

4.各地域本部や小学校内での活動を希望する保護者への支援

等を考えていきたいとおもいます。
posted by 6782発起人A at 21:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動内容 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月27日

応援記事を掲載頂きました。

N−PTAのご紹介記事やご賛同記事を掲載頂きました(^^)/>(2014年1月24日)

『PTA問題を元PTA会長が解説する』 リンク先はこちら
『PTAとは何か? 名古屋市の場合』 リンク先はこちら

追記します。(2014年1月27日)

「PTA再活用論」の著者Hiroto KawabataさんがTwitterでツイートしてくださったそうです。(1月17日頃)
https://mobile.twitter.com/Rsider
(ボクはTwitterをしたことがないので、実はよくわからないです(^^; unicofさんからの情報を元にしています。)

「シングルパパはPTA会長」 リンク先はこちら
(北海道の札苗小学校PTAを入退会自由化されたmoepapaさんのブログです。)

ここに記し感謝申し上げます。
posted by 6782発起人A at 10:22| Comment(1) | TrackBack(0) | PTA問題参考ブログ・サイトの紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。